カテゴリ:未分類( 356 )

とある日は、終日クルージング。



船内では、マストクライムがあったり、デッキゴルフ、船やインドネシアに関するレクチャーなど、色々なイベントが催されます。




私はマストクライムへ!
f0323927_08021840.jpg

少し怖かったけど、マストの上は最高の景色でした。






操舵室にも入らせてもらいました。
f0323927_08021954.jpg








デッキでランチブッフェがある日も♡
f0323927_08021992.jpg

f0323927_08022051.jpg








きゃー!大変!人が溺れてる!!
f0323927_08022182.jpg

と、思いきや、これは訓練です。
クルーの避難訓練は航海中、何度もありました。
私たち乗客も2回避難訓練があったし。
でも、安心ですね。



お人形ですよー
f0323927_08022143.jpg







船首のネットでくつろいだり。
f0323927_08022242.jpg






大型客船みたいに、すごいショーとかはないけれど、素朴で、海を眺めてるだけで癒されます。
f0323927_08022288.jpg








夕陽が最高に綺麗!
f0323927_08022308.jpg

f0323927_08022334.jpg




[PR]
by salondek | 2017-08-02 07:39

風や潮の流れによっては、もちろんエンジンも使いますが、基本的には帆走です。


なので、
進むのはゆっくりですが、とっても静かです。




翌日、お昼頃にギリコンド島に到着!
f0323927_20305331.jpg







ギリコンド島はロンボク島の東に浮かぶ小さな無人島です。
f0323927_20305499.jpg

拡大してみると。。。
f0323927_20305442.jpg

ちっちゃな島。



テンダーボートに乗り替え、いざビーチへ!
f0323927_20305589.jpg

f0323927_20305586.jpg






めーっちゃくちゃ綺麗な海!!
f0323927_20305632.jpg





シュノーケルや、カヌー、ジェットスキーなど、色んなマリングッズは無料でレンタルできて、遊べます。




私もシュノーケリングをしましたよー。




色とりどりのお魚とサンゴ礁が最高に綺麗でした!



いっぱい遊んだ後はお船に戻り、ビールをプハー♡
f0323927_20305687.jpg





夕刻また次の目的地へと出発します。



f0323927_20305743.jpg




エンヤコラー!
帆を張るお手伝いもできます。
f0323927_20305857.jpg

帆が徐々に上がっていきます。
f0323927_20305842.jpg





目指すはコモドドラゴンが生息するコモド島へ!!


いざ!











[PR]
by salondek | 2017-08-01 20:07

今年の夏の冒険は、帆船クルーズ!!
インドネシアの小さな島々をめぐりました。



バリ島から7泊8日の船旅。
無人島やコモドドラゴンが生息するコモドなどの小さな島を訪れます。



STAR CLIPPERS 号。
f0323927_12582741.jpg

今、現在 帆船の客船は世界で3艇しかなく、すべてクリッパー社所有です。




今回の航路図
f0323927_14553585.jpg

分かりにくいですが、ピンクがバリ島デンパサール付近で、グリーンがコモド島です。




日本から、まずはバリ島 デンパサールへ。




そして、デンパサールのほど近く、ベノア港から出港します。
f0323927_14553668.jpg




乗船すると色んな手続きを済ませ、ウェルカムドリンクを。
f0323927_14553610.jpg






お部屋はこんな感じ。
f0323927_14553783.jpg

手狭ですが、収納等、かなり効率的に考えられた造りです。
意外と快適♪
大型客船と違い、完全に波に揺れる事を前提とした造りでした(笑)



さて、いよいよ出港です!
f0323927_14553703.jpg




f0323927_14553845.jpg



帆船はカッコいいねー♡




キャプテンからクルーの紹介が。
f0323927_14553896.jpg

こじんまりとしたアットホームなお船です。




まずは、翌日上陸する小さな無人島 ギリコンド島を目指します♪




ワクワクー♡








[PR]
by salondek | 2017-08-01 12:38

帰国しました。

今回は、インドネシアの小さな島々をめぐる帆船クルーズ。




f0323927_06321507.jpg






最高に楽しかったです♡



[PR]
by salondek | 2017-07-26 06:23

古酒の会

過日。。。


素敵なワイン会に参加させていただきました。



f0323927_08325701.jpg

f0323927_08325721.jpg

f0323927_08325825.jpg

f0323927_08325998.jpg

f0323927_08325959.jpg

f0323927_08330070.jpg



すべて状態も良く、素晴らしい熟成感のワインでした。

[PR]
by salondek | 2017-07-12 08:28

京都 木山

京都の名店 和久傳さんで長年 料理長をされていた木山さんが独立されたそうなので、早速。。。



場所はちょっと不便な御所近く。
なんと、マンションの一階です。
f0323927_12105437.jpg

f0323927_12105501.jpg





f0323927_12105564.jpg





f0323927_12105608.jpg





カウンターでその都度鰹節を削ってくれます。
f0323927_12105784.jpg



削りたてのかつお節を味見♡
f0323927_12105774.jpg




お出しも目の前で引いてくれます。
f0323927_12105830.jpg





食べるのと見るので忙しい(笑)けど、
とっても楽しいです♪




ぷりんぷりんの岩牡蠣
f0323927_12105927.jpg

悶絶級の美味しさ。




〆は削りたてのかつお節ごはん♡
の、上にトキシラズのベイビーいくらが乗ってます。
f0323927_12105908.jpg

これが、めーっちゃくちゃ美味しくてびっくり!!
普通のイクラより小さくて、優しい食感のプチプチが最高!!!
死ぬまでにもう一度食べたい逸品。





お料理は全体的にクラッシックな印象でしたが、
目の前で楽しませて下さるので、ワクワクしながら食べれました。




今後も楽しみなお店です♪



[PR]
by salondek | 2017-07-11 11:49

エベレストを堪能して、
ナムチェからの帰りは〜♪




ヘリで♡
f0323927_11031718.jpg

ズルいパターンです(笑)




ルクラまで5分くらい。
あっという間〜!




お世話になったシェルパ boys☆
f0323927_11031802.jpg

私は顔パンで気持ち悪いので割愛♡
高所に強い彼らはさすがにむくんでないね。。。





さてさて、ルクラからカトマンズに戻り、今度はポカラへ。




ポカラへ向かう飛行機からのヒマラヤ山脈
f0323927_11031808.jpg

ポカラからはアンナプルナ 連山や、遠くにはダウラギリ、マナスルが見えます!




ポカラは南国的な気候で過ごしやすーい!
f0323927_11031919.jpg





朝日を見たり、ハイキングしたり♪
f0323927_11032078.jpg

f0323927_11032062.jpg

f0323927_11032053.jpg

f0323927_11032187.jpg

f0323927_11032176.jpg

f0323927_11032235.jpg


ポカラは軽く流してみました。。。






標高8000mを越える山は、世界に14座しかなく、すべてヒマラヤ山脈に存在します。
今回はその内の5座を眼にすることができました。




色んな国で色んな景色を見ましたが、今回のエベレストが1番感動したかも。
自分の足で歩いたからかなぁ。


また機会を伺ってトレッキングに行きたいです♪




そんなこんなで今年は南国へ!
もうすぐ出発です♡



[PR]
by salondek | 2017-07-10 10:34

ナムチェで一泊。



翌朝起きたら、顔がむくんで超パンパン!!
高山病の一種だそう。



アンパンマンもびっくりだね。





それはさておき、翌日は3440mのナムチェからさらに3880mのエベレストを近くで見れるポイントまで登ります。






今までの道よりも、段差が大きく岩場っぽい歩きにくい道です。
f0323927_09535040.jpg

体感的には標高3200mを越えるとちょっとした段差を歩くだけでもしんどくなります。







でも、最初の急坂を登ると、天空の素晴らしい世界が待ってました!





f0323927_12100134.jpg





左横から続く細い道を歩いていきます。
f0323927_12100196.jpg








歩きやすいところも。
f0323927_12100273.jpg







牛さんがのんびりしてます。
f0323927_12100377.jpg






そして、目的地の標高3880mのホテル エベレスト ビューに到着!
f0323927_12100385.jpg










テラスから素晴らしい景色が広がります。
f0323927_12100406.jpg






f0323927_12100474.jpg

1番左端がエベレスト。




山頂アップ♡
f0323927_12100589.jpg

真ん中に斜めに走る地層が通称『イエローバンド』。
これがエベレストを見分ける特徴です。
この地層にはアンモナイトが発見されており、太古の昔、このエベレストの山頂が海の底に会ったことを証明しています。





地球って凄い!!






しんどかったけれど、苦労が報われる景色でした!





f0323927_12100540.jpg






f0323927_12100646.jpg

アマダブラム





[PR]
by salondek | 2017-07-07 14:54

最終目的地のナムチェまで、3泊ほどかけて行きます。
でも、ガンガン歩く人はもっと短い期間で行くことができます。



ゆっくりのんびりね♪





エベレスト街道の道中にはロッジがたくさんあるので、選ばなければ泊まるところに困る事はありません。
f0323927_14390239.jpg







左側の建物が泊まったロッジです。
f0323927_14390391.jpg

電気やお湯、シャワー等はやはり不自由なのー。





さてさて、いよいよここからがサガルマータ(エベレスト)国立公園のゲートです。
こちらで入場料を払います。
f0323927_14390326.jpg









標高が高くなってくると、歩くだけでも、しんどいです。
f0323927_14390456.jpg










ちなみに色々な荷物はこうやって人力で運ばれます。
f0323927_14390519.jpg

凄いねー!
100キロくらいの荷物を持って歩く事もあるそう。






ゼーゼーハーハー。




色んな人達や牛やロバたちとすれ違いながら、
やっとの思いで到着した展望台。







なかなかその姿を見せてくれなかったエベレストと初対面です。
f0323927_14390503.jpg

みかん売りのおばちゃんの右上の隙間から見えます!






ジャジャン!
f0323927_14390649.jpg

左側のお山がエベレストの山頂です。
右側は世界第4位 8516mのローチェ。







初めてのエベレスト!
感動♡









でも、ここはゴールではないので、休憩したら先に進みます。






さらにすすむと、最終目的地のナムチェに到着です。
f0323927_14390664.jpg

標高3440mのナムチェはすり鉢状の街です。






夕刻、ナムチェのロッジから展望台へ。
f0323927_14520023.jpg

夕陽に染まるエベレスト。(左の山)
真ん中 ローチェ。
右側 アマダブラム。




美しい雲海にうっとり。
f0323927_14520150.jpg

f0323927_14520160.jpg












[PR]
by salondek | 2017-07-07 13:59

ルクラで一泊して、翌朝からいよいよトレッキング!




今回はルクラ2840mからナムチェ3440mまで歩きます。

f0323927_10511093.jpg

右上にエベレストがあります。
ルクラからとても遠くに感じますが、エベレストの山頂は直線距離で16km あれ?20km?、とにかく意外と近いのです。(たぶん)


f0323927_10511194.jpg

このゲートを起点にエベレスト街道の始まりです。





シェルパのミランくんを先頭に。

f0323927_10511185.jpg

ちなみにシェルパとは、荷物を持つ人の意味じゃなく、ヒマラヤ山脈の高地に住むシェルパ族という民族の人達の事です。
登山の仕事に従事する人が多いので、そう呼ばれるようになったのかな。
道先案内や、様々な判断、トレッキングの監督みたいな感じです。




エベレスト街道は道幅も広く、とっても歩きやすいです♪
登山と言うより、ハイキングな感じ??






ロバさんの行列に会ったり。
f0323927_10511278.jpg










つり橋を渡ったり。
f0323927_10511268.jpg










かわゆいチビッコに会ったり。
f0323927_10511377.jpg









美しい山を眺めながら、ゆっくり歩きます。
f0323927_10511369.jpg







ネパールはヒンズー教が多いのですが、この一帯はチベットの影響があるため、チベット仏教だそう。
f0323927_10511499.jpg

歩いていると、いたるところに、お経が書いたマニ車や石が点在します。







標高が高いので、時間をかけながらゆっくりと進んでいきます。
f0323927_10511428.jpg















[PR]
by salondek | 2017-07-05 09:42